hamablog

オーディオ、他、てきとーに書いてます

ゴブリンでもわかる真空管入門 バイアス調整

 f:id:hamakituneta:20200710122656p:plain

真空管交換時には、パワー管にはバイアス調整がいります。プリ管は関係ないので、付けて終わり。

 

バイアス調整

無信号時に真空管に流れるプレート電流を所定値にするためにバイアス電圧を調整すること、

 なんのこっちゃ

ビンテージサウンドさんでは

バイアス調整調整を、水道の蛇口にたとえています。

バイアス電圧は、蛇口の開度

プレート電流は、蛇口からの水量

水道の蛇口からコップに水を入れるとき、蛇口の開度で水量が決まる、

適正開度でないと、きれいに水がたまらない。

コップに水があふれたり、たまるのに時間がかかりすぎたりしないように

適量の水が出るように、蛇口の開度を調整して、コップに水をためる。

これがバイアス調整、

 

真空管アンプにも、バイアス調整は2種類あり

1. 自己バイアス調整

  アンプ自体にバイアス調整機能があるので、調整必要なし。

2. 固定バイアス調整

  1)調整型 ほとんどの真空管アンプ、バイアス調整必要

  2)固定型 電圧は固定されているので、それに合う真空管をセレクト、

   つけて終わり

 

ビンテージサウンドさんでは逆バイアス調整で、簡単にバイアス調整してくれます。

真空管交換時に、パワー管を送ると、プレート電流を計測して、購入する真空管の中から計測した電流値に見合う真空管を、見繕ってくれます。

 

多少高価でも、素人には大変便利なシステム、今まではアンプ本体を送っていたようです。

真空管アンプは独特の音色です、一家に一台いかかでしょうか。

雑音のないデジタルアンプがあるのでいらない。それはそうかも。