hamablog

オーディオブーム復活 素人でも聞けば何とかなるはず

SOULNOTE NOS(ノンオーバーサンプリング)

f:id:hamakituneta:20200226102444j:plain

SOULNOTE DAC D-2 ¥600,000

オタイオーディオさんの、YOUTUBE動画で、

SOULNOTEさんの紹介がありました。

2019年7月 全6話 計約90分、

オタイさんとSOULNOTEの加藤さんの対談続きです。 

おさらい 

SOULNOTE前身は、Marantzのオーディオ業務部、

2006年に独立、SOULNOTEができます、会社はSCR。

SOULNOTE 魂を震わせる音楽がコンセプト

2016年リーダーが加藤さんに、以降イロイロ攻めてます。

 

SOULNOTE 他者との差別化、圧倒的な違いが2つ

 

 1. 無帰還アンプ(NFノンフィードバック)

 

 2. NOF (ノンオーバーサンプリング)

 

結果、フィルターレスの、きれいな音が出ています。

 

 2. NOF (ノンオーバーサンプリング)

オーバーサンプリング

これは、DAコンバーターDAC)のほとんどに、組み込まれている。

ここで、加藤さん、アップサンプリングとオーバーサンプリングの違いについて、

アップサンプリング

 DACに入る前の処理、サンプリング周波数を高いほうに変換

オーバーサンプリング(デジタルフィルター)

 DAC内で、デジタル化された階段状の信号を、なめらかにする機能

両方同じことをしているとのこと。

簡単にかくと、デジタルは、0と1しかないので、0,1ならば、0.5にする、

ここで最近は、オーバーサンプリングもレベルが上がって、

膨大なデータを取り込んで、次の予測を立てて、実行しているのだ。

 

これを撤廃して、フィルターなしの音質、

車にたとえると、

レーシングマシン

お気楽に、乗れない、

乗りこなすと、とっても楽しい、

じゃじゃ馬、わんぱく小僧なのだ。

f:id:hamakituneta:20200226102533j:plain

DAC D-2 カタログより

ここで、オーバーサンプリングと、

NOFの、インパルス出力波(アナログ)の違い

サイン波はきれいに補正されていても、

インパルス波では前後にノイズが出ている。

 

以上を踏まえて、無帰還アンプma1.0を改めて聞くと、

とってもいい音、繊細で、活動的、たまらない、

これ、プラシーボ効果、だまされてねーの。

しかし高音が少し耳に来る。

高音質でも、私の耳では、2,3時間で臨界点突破、

Nmode X-PM7に変更しよう、

 

ちなみに、高音きついのはおそらく、

周波数特性のせいかもしれない

人間の可聴域は、20Hz~20kHz(2万Hz)

といわれている。

スピーカーも、20KHzまでが多い。

30年以上前は。

この中で、30万Hz、24万Hzとか、

無帰還アンプとはいえぶっ飛んでいる

記載間違いでないか、ホームページでカタログ確認。

間違いないようだ。

 

 SOULNOTE プリメインアンプ

 ma1.0 ¥357,000 周波数特性   

スピーカー(8Ω 1W):5Hz~300kHz (+0、-1dB)

 

A-0 ¥110,000(税抜)  周波数特性   

スピーカー(8Ω 1W):5Hz~350kHz(+0/-1dB)

 

A-1 ¥170,000(税抜)  周波数特性   

スピーカー(8Ω 1W):3Hz~300kHz (±1.0dB)

 

A-2 ¥500,000(税抜)  周波数特性  

 スピーカー(8Ω 1W):3Hz~240kHz (±1.0dB)

 

ちなみに、うちの子の DIATONE DS-2000は

 周波数帯域 28Hz~40kHzである。

40年前にこのスペック、おかしい。

 

 

ソウルノート D/A コンバータ(プレミアム・シルバー)SOULNOTE D-2 S

ソウルノート D/A コンバータ(プレミアム・シルバー)SOULNOTE D-2 S

  • 出版社/メーカー: CSR
  • メディア: エレクトロニクス